にんにく卵黄の特徴

にんにく卵黄の特徴

にんにく卵黄の特徴 朝食の定番の卵の中心となる卵黄と、スタミナの宝庫であるにんにくを組み合わせた「にんにく卵黄」という食品があります。
それには一体どのような効能があるのでしょうか。
にんにくにはアリシンという成分を豊富に含みます。
この物質は体内でビタミンB1と同じ働きをするといわれており、非常に消化吸収の効率の良い元気の源になります。
このアリシンにはリラックス効果もあり、体内の乱れたバランスを整える作用もあるといいます。
また強力な抗酸化作用によりガン予防にも効果があることが分かり、様々な病気の予防にも繋がります。
一方卵黄にはレシチンという主成分が含まれ、体内のあらゆる細胞をイキイキと活性化させる効能があります。
他にもビタミンEも豊富に含んでいるので、お肌を美しくしたり代謝を良くしたりする効果があります。
にんにくと卵黄を同時に摂取することで、アリシンの成分が強力にパワーアップし「脂質アリシン」という物質に変化します。
さらにそれが低温加熱することにより「アホエン」という高い抗酸化物質に生まれ変わります。
にんにくと卵黄は一緒に摂取することで、それぞれの働きが相乗効果を生みますますパワーアップするのです。
これらがにんにく卵黄の素晴らしい特徴であるといえます。